スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが僕たちの戦いだ!
2005年07月27日
「ひひひひひひひ!これはすごぜ、これはすごいぜ、これはすごいぜ!」


奇怪な笑い声を上げながら、同じことを三回も言う僕はかなり興奮していた。興奮していたんだぜ!


t8_b.gifm8_a.gif「オレタチハツヨイ!オレタチハツヨイ!」


画面の中の小人と猫も相当エキサイトしていた。エキセントリックだったんだ。


ここはコロロカ。


LSの猫、パプポがある日。


m8_a.gif「侍あげようと思うから、竜騎士でつきあえ」


なんて言い出すから、レベル12から二人で茨の道を歩むことになりました。この異様な組み合わせは、僕も彼もノリノリである。
砂丘で数回パーティーを組み、二人のレベルが17になったとき。


t8_b.gif「そろそろコロロカミミズで美味ーしようよ」

m8_a.gif「うむ、でも、パーティー組むのだるいね」

t8_b.gif「ふたりでいいか」

m8_a.gif「ふたりでいいね」


二人でサポ白。竜、侍。セルビナミルクをどっさり買い込み意気揚々である。正直、すぐ死んであきらめるだろうって思ってた。ていうか、そのはずだった。
しかし、やれる!やれたんだよ!とても強い相手にも勝ててしまうじゃないか!なんだこりゃー、なんだこりゃー!
柔らかい、柔らかいよミミズさん、くっちゃら!ジューシー♪

芳醇なミミズさんをたっぷり堪能している所へ、ファリさんee5_b.gifも黒魔道士17でやってきた。
あーもぅ、なんかとてもとても強い相手も倒せてしまうよ!250とか入るよ!ワンダホー!

しかし、美味しい話には罠があるものです。







ケース1

こんなに美味いミミズさん、やっぱり狩り場も混みます。同じレベルでも相手は6人パーティーだったりするので、ミミズさんも絶滅危機です。
だから、見つけたら即釣ります。ジャンプで釣るぜ!



t8_b.gif「つったー!」

m8_a.gif「あい」


<間>


t8_b.gif「ね、ちょ、まだ?」

m8_a.gif「遠い。」


さすがにちょ、やば、にげ!!バ、バインドあひぃ!ちょ、ミミズさん何詠唱してるんですか…ま、まって、まってーーーー!!ストンg…






ケース2

ミミズの前でたたずむパポ。なんだよ、早くつれよ!とてとてだからびびってんの?お前が釣らないなら僕がつるぜえええええ!!ジャンプ!

ひひひひ!ミミズうまー。

ん、なんか強いな、このミミズ。
なんかスピーディーだ。スピードとパワーが調和しているぜ!?なんか、攻撃回数が多…どんどん…HPが…ボコボコと…


m8_a.gif「リンクしとる」

t8_b.gif「ーーーーーっ!!」








ケース3


ん、タゲが僕の方ばっかりにくるよ、いたい、でも自己ケアルはしないのさ!ここで僕がケアルしたらますますタゲが僕にくるからね、さぁパポ、ケアルをおくれ。力一杯のケアルを。ほら、タルタルが「いたいよぅ!いたいよぅ!」っていっているよ。


…おい、そろそろ、やばいんですけど、ケアルくださいよ!ケアルしなさいよ!




m8_a.gif「ちなみに、静寂。」

t8_b.gif「~~~~~っ!!」






Fay050727011706a.jpg

竹槍歩兵の本領









m8_a.gif(レイズのために白魔導師に着替えに戻っている。



ee5_b.gif「ミミズ、いっぱい生えとるw」

m8_a.gif「あのまま狩り続けてればなぁw」

t8_b.gif「悪かったよwwwwwwwwwwww」
スポンサーサイト
とりあえず・・・モチツケオマエラ
2005.08.03 01:34 | URL | Hisoka | 編集

  管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://orangemelody.blog14.fc2.com/tb.php/24-41754ac3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。